最高のステーキを食べる

確かに「すき焼き」にして食べると美味しい「松阪牛」ですが…、

何も「すき焼き」だけが「松阪牛」の美味しい食べ方ではありません!

松阪牛=すき焼き、その考えこそ勿体無い!

松阪牛はステーキにして食べても最高です!最高なんです!

贈り物として松阪牛のステーキ肉を貰うこともあると思います。

せっかくの松阪牛ですから…、焼き方にも十分こだわりましょう。

それこそ、焼き方を間違ったら松阪牛が台無しです!

先ず、肉を焼く30分前には肉を冷蔵庫から出しておきましょう。

冷え冷えの状態で肉を焼くと、しっかりと火が通りません。

より美味しい松阪牛のステーキを食べるには…、とにかく焼く前に冷蔵庫から出しておくこと。

味付けは焼く直前に、塩コショウをまんべんなくふりかけましょう。

塩コショウをしてから肉を寝かせる必要はありません…。

そして次はフライパンをおもいっきり熱しましょう。

おもいっきり熱した上で牛脂を投入します。

当然牛脂も松阪牛の牛脂を使いましょう。

ぎゅ氏がない場合には、サラダオイルとバターを2:1の割合で入れると良いでしょう。

脂がフライパンに馴染んだら、いよいよ松阪牛を投入です。

強火のママ、表面をしっかりと焼き固めるイメージです。

焼き壁ができたらお肉を裏返します。

裏返したら火力は弱火にします。

血が滲んできたら…、そのくらいがミディアムです。

血が出てこなくなったら…、そのくらいがウェルダンです。

松阪牛の脂身の旨味を堪能するなら…、焼き加減はミディアムかレアがオススメです。

焼き過ぎないことが松阪牛の風味を堪能するポイントですよ!